ペニスの自信増大

値段の高いペニス増大サプリは安いものより効果があるの?

投稿日:2017年7月7日 更新日:

ペニス増大サプリメントには安い製品と高い製品があります。

両者の違いは価格だけなのでしょうか?

安いペニス増大サプリもある中で、高い製品が売れている理由を解説したいと思います。

ペニス増大サプリメントの価格差

成分種類や含有量が圧倒的に違う

まず「価格の高いペニス増大サプリ」とはどれくらいの価格帯なのか疑問に思う方もいるでしょう。

目安としては一箱(30日分)で10,000円から15,000円です。

人によっては高いと感じない人もいるかもしれませんが、私個人は高級品だと思いますね。

そして、安いサプリとはこの価格帯を下回るもの。

一覧にするとこうでしょうか。

  • 安いサプリ・・・1,000円〜7,000円
  • 高いサプリ(相場)・・・10,000円〜15,000円
  • 高すぎるサプリ・・・15,000円以上

そして、安いサプリと高いサプリの主たる差として「成分種類」や「成分配合量」があります。

安いサプリに属する製品でもシトルリンやアルギニンといった成分が入っているものの、量は少ない場合がほとんど。

仮に相場製品と同じくらいに含有されていたとしても、その他の精力成分(マカやトンカットアリなどの希少成分)を排除しているケースが多いです。

相場価格帯でかつ多成分配合の増大サプリメントは錠剤にも違いが見られますよね。

いくら高濃度で成分を凝縮したとしても、物理的に錠数を増やさないといけない程にしっかりと配合されているのです。

安いサプリではせいぜい1粒でなんとかするしかありませんから、得られる成分も少なく期待値は下がるでしょう。

一緒に他のサプリで成分を補う位なら、最初から相場価格帯のサプリを選ぶ方がかしこいですよね。

ペニス増大サプリメントは高いほうが効果がある?

高ければいいという訳ではない

先ほど挙げた価格帯では15,000円オーバー増大サプリメントを「高すぎる」と表現しました。

世の中「高ければ高いほどいい」と考える人もいますから、そういう人達は必要以上に高い製品を掴んでしまうかもしれません。

しかし、業界で最先端の成分でも含まれていない限り、相場価格帯を守るのが1番。

 

また、効果についてはあくまで個人差があるものです。

「必ずしも効果があるとは限らない」のはどんな食品でも言えますよね。

しかし「わからないなら安いのを買ったほうがいいじゃん」という理論はおすすめ出来ません。

 

もし安い製品を買って満足できないと「やっぱり相場価格帯の増大サプリを買ってみようかな」となります。

逆に相場価格帯の増大サプリで満足できなかった時「じゃあ次は安いのを買ってみようかな」とはなりません。

安い製品はあくまで下位互換でしかないため、先に手を出すだけ無駄なのですね。

結論

相場価格帯の製品を割引で買うのが1番

私もこの考え方に行き着くまで、無駄な買い物を数多くしてきました。

それらの無駄がなかったら、増大サプリ1年分くらいにはなっていたかもしれませんね。

結論としては相場価格帯の製品を複数個セット買いして割引を受けるというのが1番。

例えば14,000円くらいする製品でも5箱買うと1箱あたり10,000円程度になります。

約20,000円も安くなる訳ですから、これに勝る手はありません。

参考になれば幸いです。

リピートの多い増大サプリ

  • 第一位
  • ギムロットα
  • 業界初成分「クラボワスカ」配合
  • 1ヶ月分11,980円
  • 3ヶ月分33,980円
  • 現在1箱無料キャンペーン中
  • カード・代引・後払い
  • 第三位
  • ゼファルリン
  • 増大サプリの王道かつ定番
  • 1ヶ月分13,800円
  • 3ヶ月分33,000円
  • -
  • カード・代引・銀振・郵振

よく読まれている記事

1
最強の50代が選ぶ精力剤サプリメントおすすめランキング

いつまでも衰えずに男として燃えていたい。 歳を重ねると共にそんな願望が膨らんでいく人も多いでしょう。 まだ20代の時に無気力そうな40代50代を見て「俺はこんな風になりたくねぇな」って思っていませんで ...

2
2018年のペニス増大サプリ選び方と人気おすすめランキング

ペニスサイズの維持や増大をする上で欠かせないのが栄養です。 食事から摂取できる栄養素もありますが、毎日特定の食材を一定量食べるのはツラいもの。 そこで「自分のペニスや精力・性欲の維持」をしたい男性に愛 ...

Copyright© ちん紀行 , 2020 AllRights Reserved.