精力減退・無気力

精力剤で中折れ防止は可能?勃起不全(ED)との関係性は?

投稿日:2016年10月6日 更新日:

yota82_okdemashita15124015_tp_v

男性にとって心が折れる程の苦痛が中折れではないでしょうか。

セックスの良いところで萎えて強制中断となる辛さは耐え難いですよね。

そんな時に精力剤を頼ることはどう良い影響があるのでしょうか。

ペニスの中折れを防ぐために精力剤はアリ?

即効性ならドリンクタイプの精力剤

中折れ手っ取り早く対策するには自分で抱え込もうとせず「モノに頼る」のが一番です。

それは精力剤でも良いですし、バイアグラなどでも構いません。

しかし、バイアグラを始めとするED治療薬は薬によって勃起の収縮を阻害しているだけですから「なぜ勃起が続かないのか」という点を解決してはいないのです。

そのため私ならハーブ系の精力成分を含んだ精力剤を勧めますが、その理由は下記。

  1. ED治療薬のように副作用がなく身体に優しい
  2. 薬の力をではないサポートを得られる
  3. 勃起が続かない根本原因(精力の減退)にアプローチできる

精力剤は上記のように精力を高めることで、連鎖的にペニスにも良い影響を働きかける点が優秀です。

とにかくその時1度だけでも中折れをしたくないと思うのなら、ドリンクタイプの精力剤を飲むのが良いですね。

特に「シトルリン」という成分を含む精力剤であることが必須です。

なぜならシトルリンという成分は体の血液循環(めぐり)を良くする作用があり、日本では2007年まで医薬品成分とされていたため。

安全かつ勃起力に影響がある成分として多くの男性サプリメントに配合されています。

液体の精力剤ではシトルリン配合の精力剤が少ないものの、選ぶのであれば「クラチャイダムゴールド液」が最強レベル。

ココゾの元気がほしい男性のための【クラチャイダムゴールド液】

セックス前に飲めばペニスの勃起力はいい調子で持続しました。

 

というのも、私自身も過去に中折れした経験が数多くあるのです。

中折れのみならず、いざセックスする前にさっきまでギンギンだったペニスが勃たなくなる事も多々・・・。

そういう経験から精力ドリンクを味方に過ごしてきましたが「常日頃からセックスでの持続力を高めて中折れを防止したい」と考えるように。

彼女とセックスするたびに精力ドリンクを常備するのもコストが馬鹿になりませんからね。

 

そこで私はペニスサイズにもコンプレックスを持っていたこともあり「精力サプリ(男性サプリ・増大サプリ)」を始めました。

個人的に精力サプリは飲み続けることで徐々に実感へ繋がったため「即効」とは言い難いものの調子は抜群。

今ではペニスに自信がつき、年齢以上のガチガチ感とサイズを誇っています。

【関連記事】ペニス増大サプリ選び方と人気おすすめランキング

精力ドリンクや精力サプリがペニスに与える影響

勃起の萎えや勃起不全に対してのアプローチ方法としては下記の2種類が一般的。

  • バイアグラなどのED治療薬
  • 栄養補助としての精力剤や男性サプリ(増大サプリ)

バイアグラは勃起したペニスを収縮させる時に体内で分泌されるPDE5という酵素を阻害することで長時間の勃起を実現します。

医薬品ならではの即効性が期待出来る反面、副作用などが多く少々リスクを伴うがあるでしょう。

それとは別に男性の精力を増幅させるための栄養を補給するのが精力剤。

薬ではないため身体の根本から精力を上げていく上に、副作用などは原則ありません。(過剰摂取・アレルギーによるものを除く)

------

精力剤がペニスの勃起力に寄与すると考えられる点は大きく2つ。

  1. 性欲アップによるcGMP(環状グアノシンーリン酸)の増加
  2. 血管を拡張し血行促進をサポートする成分の効果

cGMP(環状グアノシンーリン酸)とは男性が性的刺激を受ける事で分泌される一酸化窒素の発生と共に出来る物質であり、ペニスの血管を拡張し血流を良くします。

精力が上がることで男性ホルモン(テストステロン)の分泌量も上がり性欲が増すことからの関連性ですね。

2番は現在の精力剤によく含まれる「アルギニン・シトルリン」といった成分による「めぐりサポート作用」

ペニスの勃起力は何はともあれ血流が大切なので、この2点から改善していくことでバイアグラとは違うアプローチを行う事ができるのです。

簡潔にまとめると・・・。

  • ED治療薬・・・勃起が収縮しないようにする
  • 精力サプリ(男性サプリ・増大サプリ)・・・勃起力を限界まで強くする(cGMPとPDE5のバランスを整える)

勃起不全や勃起力の低下は、精力の減少によって「勃起しようとする力」と「勃起を抑えようとする力」のバランスが崩れることが原因。

そのため、前者を上げる(精力剤)か、後者を下げる(ED治療薬)ことが大切なのです。

ED治療薬はその性質上、精力減退によるその他の弊害(無気力や倦怠感など)には何も変化を与えないため、取り組むなら精力剤や男性サプリ(増大サプリ)が良いでしょう。

なぜペニスが中折れしてしまうのか?

中折れは軽度の勃起不全(ED)と考えられる

ペニスの中折れは軽度の勃起不全と考えられ、基本的には生活習慣が主たる要因になっています。

  1. 性行為に対する心配や恐怖
  2. 中折れ経験に対する心配や恐怖
  3. セックスしたくないのにしている状態
  4. 相手に対して醒めている
  5. 仕事疲れや睡眠不足
  6. タバコ・アルコールの影響
  7. 精力が減退し持続力が弱まっている

自分自身の中に「なんとなくこれっぽいな」という理由はあるでしょうか?

原因は1つだけではなく、人によっては複数あることも普通です。

肉体的疲労による中折れでない場合、大半は「ペニスやセックスへの自信」を付けることで状況は好転するでしょう。

ペニスの勃起不全(ED)にも種類がある

先に軽度の勃起不全に影響するであろう要因について書きましたが、そもそも勃起不全には種類があるのです。

今現在「勃ちにくい・萎えやすい」といったトラブルで悩んでいる人も必ず理由があるということ。

ちゃんと自己と向き合って適切な対策を取れば中折れとは無縁の男になれるので、極度な心配は無用です。

精神的ストレスや不安からくるもの(心因性ED)

ペニスの勃起は神経への性的刺激によって行われるため、精神的なストレスがあると上手く伝達できず勃起不全となることがあります。

これを心因性のEDと言い「勃たなくて相手に申し訳ない」という気持ちが更にストレスを生んでいる可能性も。

30代〜40代に多いのがこのタイプだと言われています。

加齢・老化・生活習慣病からくるもの(器質性ED)

加齢に伴い身体の血管が硬くなる(動脈硬化)による原因や、糖尿病・高血圧・高脂血症など生活習慣病によって併発するEDを器質性のEDと言います。

普段の生活習慣(食事・睡眠・運動)に問題がある場合が多く、自らを振り返ってみると改善の余地が見つかるでしょう。

生活習慣病が原因の場合はEDを解決する以前に、根本が危険なため1人でどうにかしようと思わずに病院へ行って下さい。

また、これらとは別に加齢による男性ホルモンの低下がEDを引き起こす事もあります。

50代に多いのがこのタイプ。

特定の医薬品の服用からくるもの(薬剤性ED)

一部の医薬品が原因のEDを薬剤性のEDと言います。

身近な所では下記のような作用を持つ薬でも影響を及ぼすことがあるでしょう。

  • 解熱剤
  • 消炎鎮痛剤
  • 抗不安・抗うつ剤
  • 睡眠薬

今現在服用している薬があるのであれば、一度医師に相談してみるのが良いですね。

中折れと無縁のペニスを手に入れるために

男性サプリと長時間オナニーがペニス萎え対策に有効

精力剤(男性サプリ・増大サプリ)には数十種類もの精力成分に加え、シトルリンやアルギニンといった海綿体へのめぐりを良くする成分が配合されています。

男性の精力は20代半ば頃をピークに年々減少していくのですが、このサプリメントによってそれを食い止めるということ。

男性ホルモンやテストステロンの分泌を促しつつ性欲を上げペニスへ血液が流れやすくします。

さらに「長時間オナニー」によって「長時間の勃起」を反復。

ガチガチの状態を長く維持できる!という自信も良い連鎖に繋がるので、日頃からセックスをしている人もオナニーの時間を少し作って欲しいですね。

これは筋力トレーニングと近いので、毎日または数日おきに続けて下さい。

少しづつ「おっ、なんか前より反応が良いぞ!」となってきたら更にモチベーションが上がるでしょう。

基礎的な体力を高めることも大切

精力を上げてペニスの中折れをより効率的に対策したい場合、基礎的な体力も必要。

ただ勃起し続けるならまだしも、生殖行為(セックス)はスポーツ同様スタミナを使いますよね。

そのため筋力の無い軟弱な身体だとその分勃起力の持続性も悪くなるでしょう。

よくアダルトビデオに出てくる男優は筋肉質でガタイの良い人が多いと思いませんか?

これは度重なるセックスを十分に行うためには筋力・スタミナが必要だという事を意味しています。

日頃運動不足を感じている方は普段の生活で少しだけ意識してみてください。

  • エレベーター・エスカレーターではなく階段を使う
  • 一駅前の駅から歩く
  • 立ち仕事の最中にスクワットをする
  • 通勤に自転車・徒歩を使う

これだけでも立派なトレーニングと言えますから、少しずつ始めてみましょう。

このような意識付けを続けることで40代50代になっても立派な勃起を維持することが可能です。

サプリやトレーニングはいつまでやるべき?

「もう中折れなんて絶対しないわ!」というレベルに達したら一旦止めても構いません。

ただ、筋トレと同じですから止めたら少しづつ元に戻るでしょう。

特に気持ちの面では自信が付いていても「精力」の減退は避けられません。

そのため定期的にサプリだけでも飲み続けたいですね。

セックスも日が開くようだったらオナニーを挟んだり風俗に行った方が良いです。

とにかく「黙ってれば精力と性欲は自然に減っていく」という事を覚えておいて下さい。

精力剤で中折れ防止は可能か結論

個人のアプローチとしては最良の方法

精力剤(精力サプリ・増大サプリ)は勃起不全に対する個人のアプローチとしては最良だと言えます。

特に「加齢によるホルモン減少に起因する場合」は実感しやすいでしょう。(個人的には心因性のEDにもアリだと考えています)

しかし、サプリだけではなく生活習慣の改善もちゃんと考えてみて下さいね。

参考になれば幸いです。

よく読まれている記事

1
最強の50代が選ぶ精力剤サプリメントおすすめランキング

いつまでも衰えずに男として燃えていたい。 歳を重ねると共にそんな願望が膨らんでいく人も多いでしょう。 まだ20代の時に無気力そうな40代50代を見て「俺はこんな風になりたくねぇな」って思っていませんで ...

2
2018年のペニス増大サプリ選び方と人気おすすめランキング

ペニスサイズの維持や増大をする上で欠かせないのが栄養です。 食事から摂取できる栄養素もありますが、毎日特定の食材を一定量食べるのはツラいもの。 そこで「自分のペニスや精力・性欲の維持」をしたい男性に愛 ...

Copyright© ちん紀行 , 2020 AllRights Reserved.