精力減退・無気力

挿入前に萎える男性の事前対策!精力注入で持久力アップ?

投稿日:

「挿入前に萎えてしまい、セックスできなかった」

そのような男性は少なからず存在し、一度そうなるとなかなか克服できません。

パートナーとのムードを壊しガッカリさせてしまったり、千載一遇のチャンスを水に流してしまったり・・・。

今回は挿入前に萎えてしまう男性の原因分析と、事前対策について解説したいと思います。

挿入前に萎えてしまう男性の特徴

色々考えすぎ・緊張しすぎ

例えば相手と良い雰囲気になっているにもかかわらず、他の事を考えていたりしませんか?

その瞬間に集中できず色々な思考が巡っていると、興奮が高まらないばかりか静まってしまうことだってあるでしょう。

また、一度萎えてしまった経験がある男性だと「また萎えてしまうのではないか?」と不安を持ち続けてしまいます。

これもまた不安視した通りの結果を招いてしまう原因となるため、避けたいものですね。

個人的な分析ですが、興奮すべき場面で色々考えてしまうのは「冷静な人」に多いと考えてます。

例えば「相手が嫌がらないか?」とか「こういうプレイをしてもいいのか?」とか冷静に考えちゃうタイプですね。

相手の反応よりも自分の快楽を最優先する人もいる中で、とても思いやりのある人であると言えるでしょう。

でも、だからこそあまり冷静に捉えないでください。

いざというときはちゃんと正気に戻れる人なので、こういう時くらいは気の向くままに没頭していいのです。

肉体的・精神的に無理をしている

毎日仕事で疲れているにも関わらず、パートナーとの関係性も良好にしなければいけない。

本当なら寝たいところを無理にセックスしようとすると興奮しにくいもの。

心の中で「睡眠時間が少なくなるなぁ」とか考えているようだったら気持ちは睡眠に傾いています。(要するに無理してます)

勃起もあまり長くは続かないでしょう。

そういう時は自分の気力が体力が十分なタイミングにセックスするのが一番。

あるいは日頃の鍛錬で持久力を身につけることが大切です。

前戯が長すぎて興奮のピークを超えている

稀にいるのが前戯で興奮HPを使い果たしてしまっているパターン。

「前戯中やイチャついてる時はめっちゃ勃つのにズボンを脱ぎ始めると萎える」という方であればコレです。

興奮レベルが序盤でMAXに突入し、その後緩やかに下がっていくイメージでしょうか。

これでは女性を満足させようと前戯を長めに取れば取るほど挿入前に萎えてしまいますね。

こういう場合は自分をウルトラマンだと思って、挿入までの時間を短くしてもなんとかなるように工夫しましょう。

個人的にこういう方は結構刺激を求める傾向にあると考えています。

要するに(前戯の間に)飽きてしまっているので、再び興奮を掻立てる刺激があれば長く戦えるでしょう。

挿入前の萎えを撃退する事前対策

筋力トレーニングを行う

年齢を重ねると少しずつ肉体が衰え男性ホルモンの分泌も減少、お腹周りもだらしなくなってくるもの。

体力と筋力が減ってくると、それだけ男性としての性的な持久力も弱くなっていくでしょう。

肉体労働をしているガテン系な男性の方がガツガツと男性的な性格で、デスクワークメインのあまり動かない男性は草食系な性格ではありませんか?

もちろん必ずしもそうとは限りませんが、男性はいくつになっても筋力維持に努めたいですね。

ムキムキになる必要はありませんが、毎日スクワットをして下半身を鍛えるだけでも変化を実感できます。

精力サプリメント(男性サプリメント)

私自身も日頃から愛飲しているのが精力サプリメントです。

精力剤というと「なんだかおっさん臭い」と思う方もいるでしょう。

しかし、現代社会で精力剤は「男性サプリメント」としてスマートな雰囲気で認知されています。

若い方では20代後半、30代頃から飲み続けている人もいるほど。

精力サプリメントは男性の活力アップに欠かせない希少成分を数多く含んだモノであり、内側から燃え上がるパワーのサポートに欠かせません。

20代中盤を境に年々衰える男性としての自信を維持・向上させるために多くの男性が取り入れ始めたのです。

若い時はエロ本をチラッと覗いただけで興奮物質がドバドバ出て勃起が止まらなかったはず。

このようなフレッシュな感覚を取り戻し、男性として長く楽しむためのアイテムということ。

バイアグラなどの医薬品は副作用が怖いという男性にも愛用されているため、挿入前に萎えてしまう場合にもおすすめ。

【セックス前に精力ドリンクを飲むのはアリ?】

栄養ドリンクのようなビンに入った精力ドリンクという製品もあります。

これも精力サプリと近しいものであり、セックス前に飲むのはアリ。

しかし、あくまで一時的なものということに加え下記のデメリットがあります。

  • 飲みやすくするための糖分など不要な成分が多い
  • 液体なので成分量や濃度があまりよくない
  • 価格が高くコストパフォーマンスに優れない

大体1本1,000円前後で買えますが、毎日飲むとなると1ヶ月3万円近くなりコスパが悪い上に不健康です。

一方で精力サプリはキャンペーンなどを組み合わせると1ヶ月1万円以下で続けることも可能なため、似て非なる存在と言えますね。

挿入前の萎えまとめ

自身の特徴を知った上で精力向上を目指す

途中で萎えてしまう理由は何かしらあり、その見当を付けておくだけでも随分変わります。

その上で「自分に対する自信」が勢いを付けてくれるのですね。

必ずしも精力サプリや精力剤に頼る必要はありませんが、男性としての可能性を高めてくれる存在なので試す価値はあるでしょう。

興味がある方は「最強の50代が選ぶ精力剤サプリメントおすすめランキング」も参考になれば幸いです。

よく読まれている記事

1
最強の50代が選ぶ精力剤サプリメントおすすめランキング

いつまでも衰えずに男として燃えていたい。 歳を重ねると共にそんな願望が膨らんでいく人も多いでしょう。 まだ20代の時に無気力そうな40代50代を見て「俺はこんな風になりたくねぇな」って思っていませんで ...

2
2018年のペニス増大サプリ選び方と人気おすすめランキング

ペニスサイズの維持や増大をする上で欠かせないのが栄養です。 食事から摂取できる栄養素もありますが、毎日特定の食材を一定量食べるのはツラいもの。 そこで「自分のペニスや精力・性欲の維持」をしたい男性に愛 ...

Copyright© ちん紀行 , 2020 AllRights Reserved.